2010年03月25日

ReadyNAS NV+を2TB HDD(WD20EARS)に載せ替えた

電子化した書籍の保存とか、録画したテレビ番組とかPCのバックアップの保存場所として、NETGEARのNAS(ネットワークストレージ)ReadyNAS NV+を使っているのですが、1TBx 4台構成だとディスク残量が手狭になってきたので、一気に2TB HDDに載せ替えることにしました。

購入したのはそれまで使っていた1TB(WD10EADS)と同じウェスタンデジタルのWD20EARS。ツクモのネットショップで4台まとめて購入、4万8千円弱。

■X-RAIDによる順次ディスク交換は失敗

ReadyNAS NV+は、X-RAIDという増設向きの機能を搭載しています。たとえば4発の1TB HDDを載せていたとしてざっくり3TBになるわけですが(実際は2.7TBぐらい)、1台ずつ再同期かけながら交換して4台とも2TBにすると、4台目の交換にあわせてざっくり6TB(実際は5.4TBぐらい)に拡大されます。じゃっかん時間はかかるものの、無停止でRAIDの拡大ができるというすぐれものなのです。

・・・ですが、WD10EADSを抜いてWD20EARSに差し替えようとしたところ、なぜかWD20EARSは「ディスク故障」扱いとなってしまいました(ブラウザの管理画面では該当ディスクがオレンジランプになっていました)。

■ディスクを交換して工場出荷時設定からやりなおしたらOK

ただ、NETGEARの動作確認リストにはWD20EARSがあり、問題なく動くはず。ぐぐってみたところ、NV+に4発のWD20EARSを入れて問題なく動いたというレポートも発見。

というわけで、NV+の中身をいったん全部バックアップし、ディスクを全部まとめてWD20EARSに交換、NV+を工場出荷時設定に戻して初期設定から全部やり直してみたところ、無事認識してRAID構築も行えました。

netgear-mgmt.jpg

■5TB超になりました

オンザフライでディスクを交換して容量アップが出来るというX-RAIDのメリットが享受できなかったのは残念でしたが、WD20EARS-00S8Bの4発構成がとにかくできたのでホッとしました。容量は5.4TBになり、だいぶ余裕が出来ました。

電子書籍保存用にLAN接続するHDDを買ったよ


posted by へろ at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | データのバックアップ

2010年03月11日

米オライリーで電子ブックが9.99ドルキャンペーン

オライリーのサイトにふらっと行ったところ、電子ブックが9.99ドルというキャンペーンをやっていました。

どうも、Ebook Deal of the Dayということで、日替わりで電子ブックの特売(?)をやっているようです。

リストをざっと見て、Designing Social InterfacesHadoop: The Definitive Guideを購入。オライリーの本が1冊900円とかで買えるのは素敵すぎる。。。
posted by へろ at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍の購入

APRESSで電子書籍を購入

アメリカの技術系出版社APRESSで、電子書籍を購入してみた。

買ったのは「Beginning Scala」。

本の購入自体はPaypal決済で簡単だったし、何度でもダウンロードできるしファイルのコピー制限なんかもないのだけど、難点も。

PDFに表示ロックがかかっていて、読むときに購入時に使ったメールアドレスを入力しないといけない。これが毎回発生するのはSONY Reader利用者としては困ったところ。

ただ、APRESSのPDFは印刷が制限されていないので、PDF→XPS→PDFの変換でアンロックされたPDFが作れないかと試してみたところ、XPSまではきれいに変換されたものの、Acrobat 8でPDFにするところで文字化けしてしまった(プロテクト?)。

サードパーティー製PDF生成ツールならいけるかも、という気はするけど、まだ試せていません。しばらくはPCで読むことにします。これが解決できないと、APRESSでばんばん電子ブックを買うという判断は、個人的には難しいかなぁ。。。
posted by へろ at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍の購入