2008年11月20日

アンビエント・ファインダビリティ読了

長久さんに紹介された「アンビエント・ファインダビリティ」(オライリー)、とりあえず1回目を読了。情報を見つけることがどんどん困難になる状況で、どう考えるべきかという話でしたが、今の自分の仕事はまさにそれなので、紹介してくれた長久さんには大感謝。

このアンビエント・ファインダビリティ問題、コミックマーケット会場で、島中にあるはずのすげー作品を探すというのに近いのかとも思った。めあてのジャンルに配置されていたとしてもけっこう探すの大変で、ましてジャンル違いのところで売られている作品にぶち当たるのはほんと困難。壁サークルってのは、googleの1ページ目に出てくるようなものか。

こうなると、07th expansionがネットで「ひぐらし」体験版を配布したような、違う軸、違う地平でのリーチを考えないと低いところで限界に当たりそうだなあ。コミケ会場内での施策だけで来場者リーチを増やすなんてのはそもそも無理だし、そう考えるとネットコンテンツをSEOだけで何とかしようってのはそのレベルの施策ってことか。うん、違う方法を考えよう。
posted by へろ at 12:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32870398

この記事へのトラックバック