2010年02月14日

ScanSnapとEvernoteを連動させるには

WindowsにEvernoteを入れたので、ScanSnap連動のところの手順をメモ。

ScanSnapとEvernoteを連動させるには

STEP 1: ScanSnap Managerで「スキャンボタンの設定」を選択する
STEP 2: アプリケーションの選択のところで、まず「追加と削除...」からEvernote.exeを追加して選択。
STEP 3: 読み取りモードを「スーパーファイン(ここは好みで)、カラーモードを自動」オプションで「白紙を自動削除、原稿の向きを自動補正、文字列の傾きを自動補正」、ファイル形式で、「PDF、テキスト認識をオン(確認ダイアログでただちに実行をOKする)」とする。この追加設定は電子書籍化とはあまり合致しないので扱い注意。
STEP 4: 確定。

以上で、設定した読み取りモードを選択してスキャンボタンを押すと、紙をPDF化してOCRしたのちにEvernoteの1ノートとして保存される。Evernote内検索機能にも引っかかる。素敵。

取り込んだPDFは、ノートを開いて「ファイル→添付を保存」で元のファイル名(ScanSnapがつけたままならタイムスタンプによるファイル名)で保存される。
posted by へろ at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキャナについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35309038

この記事へのトラックバック